匠の逸品

匠の逸品
「人間国宝 奥山峰石作 純銀(南鐐)急須」

  1. 日本の匠が作る最高の逸品を月替わりでご紹介しています。
  2. 7月のお勧めは、「人間国宝 奥山峰石作 純銀(南鐐)急須」です。
    販売価格:\1,250,000(税別)

今月紹介させていただくのは、「人間国宝」奥山峰石作の純銀(南鐐)急須です。 「南鐐」とは「南挺」とも呼ばれ、良質の灰吹銀、すなわち純銀を意味しています。

急須の形は丸めに作られ、立筋を叩き込み古美の技法で銀の表面に上品な艶やかさを出しています。

湯口部分は、美しさと使いやすさを追求しています。水を目いっぱい入れても溢れることはなく、湯口の角度はきれいに水が切るように作られています。

蓋の大きさと重量にもこだわっており、お湯を注ぐ際に90度に傾けても蓋が簡単に落ちないように作られています。

内側には、取りやすく洗いやすい煎茶用の茶こしが付いております。実用性も十分に考えて造られた逸品です。

「人間国宝」奥山峰石のすばらしい技から生まれた逸品です。珍しい作品ですので、収蔵価値も非常に高いものになります。

ページのトップへ戻る